働きながら投資することはできるのか

もちろんできます。
というか、投資というものは働きながらではできないと思っている人は、きっと何か勘違いをしています。
おそらくそのような人が思っているのは、それこそ3度の食事や睡眠時間さえも削って、とにかくパソコンやスマホの画面を眺め、自分の運用している商品の状況、値動きを一分一秒たりとも見落とすまいと目を皿のようにして監視しているようなイメージではないでしょうか。
確かに、そのような投資スタイルもあるにはあります。
デイトレードと呼ばれるようなスタイルがそうです。
株式市場のテーマ株を注視し、買い時と売り時をしっかりと利益につながるよう見極めさえすればできるのです。
そんなふうにパソコンの前に一日中張り付いていなければならないような投資スタイルでは、タイトルのような疑問が生じるのはある意味当然のことでしょう。
このようなスタイルでは、普通の会社員として働きながら行うということはちょっと難しいというか、はっきり言えば不可能です。
それでは会社をクビになるか、投資で大損をするかのどちらかでしょう。
しかし、世の中にある投資の全てがそういうスタイルではありません。
というか、デイトレードのようなスタイルは、派手に儲けることもあるためにそのようなスクープ的記事を好む雑誌やインターネットに取り上げられやすいというだけのことで、実際のところはそんなスタイルは少数派なのです。
また、それでも働きながらだと忙しいと感じる人は投資顧問などに相談するのも一つの手です。
相談することで効率的にできる投資の仕方を教えてもらえるかもしれません。
投資顧問は、リピート率が高いイーキャピタルについて調べてみるといいでしょう。
もしくは人気の投資顧問ランキングで上位のとこも実績がありおすすめです。
一般的な投資は一日パソコンの画面をチェックしていなければならないようなものではありません。
少額から始められ、リスクも少なく、せいぜい1ヵ月に1回自分の資産状況をチェックして微調整をかけるだけで十分というような運用方法はいくらでもあります。
投資信託などは間違いなくその一つでしょう。
むしろ働きながら、しっかりとベースとなる給与収入を得ながら行うものなのです。

■投資顧問のトレーダーズブレインマーケットについて
トレーダーズブレインマーケットの口コミ

ページの先頭へ戻る